マイナスからの反転

くるくる回る困ったビビアン > ニュース > マイナスからの反転

マイナスからの反転

一般的な初心者用のFXの本では「マイナスになった場合はナンピン買いでポジション全体の買い付け価格を抑える事ができる」などとアドバイスしていますが実際はそれは相当大きな隠れたリスクが隠れています。

 

最初に、ナンピンの理屈に関して手短に述べておきます。

 

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

ドル買いということで円安ドル高になるほど利益が大きくなりますが、逆に1ドル=95円まで円高ドル安方向に触れたとします。

 

その場合ポジションを所有し続けたら損失が回復するまでには円高になった分、円安ドル高に動く必要があります。

 

みんな、赤字は出来るだけ早く戻したいと願います。

 

これを解決するため最初に取引したのと同じ分のドルを1ドルを95円で買います。

 

そうすると、ポジションの買い付け価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。

 

これで、半分の幅で円安が進むとマイナスを失くせます。

 

これが、ナンピン買いの原理です。

 

このとおり、ナンピン買いの方法を聞くと「その通り」と思ったりするがマーケットは容易には思い通りにはいきません。

 

だいたい、1ドル95円が下限だとということなど、誰も予想できません。

 

仮に、相場が相当に強い円高ドル安傾向であれば95円ではとどまらず、さらに一層円高ドル安に進む危険性が高いです。

 

たとえば、1ドル=97.50円でナンピンをした時に1ドル=95円まで円高ドル安になったらナンピンをした分についてもマイナスが生まれます。

 

そういう状態では一番初めに保有したポジションと一緒に二重の損失を被ることになります。

 

それほど、ナンピンは厄介です。

 

であるなら、為替が自分の脚本とは逆の方向にどんどん向ってしまった場合、どの術でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

 

この場合選ぶべき対策は多くはありません。

 

まずひとつめは潔く、損を確定する事です。

 

もうひとつの選択肢としては、今現在、自分自身が持っている買いポジションを減らす事で、改めてマーケットが回復するのをじっと待つことだけです。

 

弱腰の手段だと言う方もいるだろう。

 

けれども、自分のポジションにマイナスが生じた場合、一番妥当な術はこれよりいいものは考えられない。

 

勿論、考え方としては、ナンピン買いするという手段もありえます。

 

だがしかしナンピンは自分自身が損失を披っている状態にもかかわらず、ポジションを減少させるどころか、それとは逆にポジションを買い増していく考え方です。

 

この対策では、リスクを避けることなど無理だと思ったほうかいいだろう。

 

ナンピン買いをし続けられればやがては損を取り返せるかもしれません。

 

でも、そうなる前にお金はショートしてしまうだろう。

 



関連記事

  1. マイナスからの反転
  2. テスト